読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録

ちまちまと気が向いたら日々の読書の記録と感想をまとめていきます

オーデュボンの祈り

だいぶ前に読んだものですが、その時のメモが残っていたので…

今回は心に響いた名言だけですが、載せておこうと思います。

 

p.10・全部を知っていなくてはいけないのと、楽しく暮らすというのは、次元の違う話だろ?

手品の種を知らなくても、手品は楽しめるだろう

 

p.42・人生ってのはエスカレータでさ。自分はとまっていても、いつの間にかすすんでいるんだ。

 

p.56・人間の悪い部分は、動物と異なる部分全てだ

 

p.303・食べるものと食べないものはどこで線が引かれる?

 

p.305・桜「ジャングルを這う蟻よりも価値のある人間は、何人だ」

伊藤「わからない」

桜「ゼロだ」

 

p.306・ただ、たんぽぽの花が咲くのに価値がなくても、あの花の無邪気な可愛らしさに変わりはありません。人の価値はないでしょうが、それでむきになることもないでしょう。

 

f:id:MOKAMASHU:20160914234148j:plain

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。